X-repair(エックスリペア)スマートフォン・タブレット・Switchの修理 | 全国対応
COLUMN
スマホのトラブルあれこれ

アンドロイド「SMS」につくチェックマークの意味は?既読は誤解!?

本日も「Androidのお役立ち情報」をお送りいたします!エックスリペアスタッフの大橋です!

大橋さん! SMSで送ったメッセージ、読んだのなら返信下さいよ~!

え? 今日はスマホを忘れてきちゃったから、何も見てないですよ?

えっ? 送ったメッセージにチェックマークがついたのに?

……な~んていうトラブルはありませんか? アンドロイドスマホで使える「SMS」の機能ですが、送ったメッセージにつくチェックマークの意味を誤解している人は案外おられるんじゃないかなと思います。

この記事ではSMSメッセージのチェックマークの意味をお伝えし、アプリごとの違いや、特徴についても触れていきます。

[toc]

アンドロイド|SMSにつくチェックマークの意味は?

アンドロイドスマホでSMSメッセージを送った際、メッセージの横に「チェックマーク(✓)」がついたら「送信できました」という合図です。

「相手に届きました」「相手が読みました」という意味では無いので注意しましょう!

「LINEは既読がつくのが嫌」という人は、SMSの方が気楽かもしれませんね。

SMSには「既読」を確認する機能はない

会話チャット形式の表示にしていると、LINEのような他のメッセージアプリと見た目が似ていますよね。LINEなら相手がメッセージを読んだ際に「既読」とマークがつきます。

ところがSMSには本来、相手がメッセージを読んだか・開封したかを確認する機能がありません。確認できない以上、SMSでは「既読かどうか」を表示することはできないのです。

既読マークだと思い込んでいたんですが、単に「無事に送れました」の合図だったんですね……。

▼LINE画面の表示例:LINEだと相手が読んだ時点で「既読」とつきますが、SMSは既読してもマークはつきません。

▼関連記事|SMSを送ってもらう際に必要になる電話番号。確認方法はバッチリですか?

使用するアプリによっても表示が違う

SMSを使用・管理できるアプリはたくさんあります。たとえば、

  • Googleメッセージ
  • +メッセージ
  • キャリアのメールアプリ

といったアプリでもSMSを使ったやりとりが可能なのです。使用するアプリによっても「どのように表示されるか」は異なるので、送信後に必ずチェックマークが出るとも限りません

3パターンの表示例を紹介しますね!

表示例1:「Googleのメッセージアプリ」での表示

Google のメッセージ アプリ
Google のメッセージ アプリ
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Androidスマホに初期から入っていることも多い「メッセージアプリ」。SMSでやりとりしても、送信マークは付きませんでした。

表示例2:「+メッセージ」での表示

+メッセージ(プラスメッセージ)
+メッセージ(プラスメッセージ)
開発元:SoftBank Corp.
無料
posted withアプリーチ

au/SoftBank/docomoの大手3キャリアで使える「+メッセージ」アプリ、こちらはSoftBank版です。

会話形式で表示した場合、SMSでやりとりしたメッセージには「SMS S!メール」とメッセージの種類を伝えるマークが出ました。

表示例3:SoftBankキャリア「メール」での表示

SoftBankメール
SoftBankメール
開発元:SoftBank Corp.
無料
posted withアプリーチ

こちらはSoftBankのキャリアメールでの表示です。会話形式の表示では、こちらも日付と時刻が表示されるだけですね。

ちなみに送信フォルダでの表示では、メッセージの種類を表す封筒に吹き出しが重なったマークと、送信済みを表す「紙飛行機」のマークが左側に付いています。

そもそもSMSって?|特徴・他のメッセージアプリとの違い

SMSメッセージとは、「携帯電話の番号を使ったメッセージ機能」です。元々は「ショートメッセージ」「ショートメール」とも呼ばれていました。

特徴1:電話番号さえ知っていれば使える

相手の携帯電話の番号さえ知っていれば利用できるので、メールアドレスを持っていない人でもスマホ・ガラケーに文章を送れるのがメリットです。

LINEのように個別のアカウントを作成する手間もいらないので、気軽に利用しやすいですね。

反面、自分も相手もSIM契約していないと使えないのがデメリットです。契約せずに前のスマホをWi-Fi環境下で使っている……というような場合は、SMSは送受信できないわけです。

特徴2:文字数に制限がある

送信する時は、1回につき全角70文字(半角160文字)までの制約があります。(※機種やアプリによっては異なる場合があります)

それ以上のメッセージを送ろうとすると、複数回に文面を分けるか、MMS(メールアドレスを利用した通信、いわゆるロングメール)に切り替える必要があるのです。

特徴3:別途、料金が発生する

SMSを送ると、文字数に応じて1回につき「3円~」の料金がかかります。1回1回は微々たる金額に思えるかもしれませんが、月に何十通も送るとそこそこの金額になるでしょう。

参考:docomo|ご利用料金

会話形式の表示にしていると……ついLINE感覚で、連続で小まめに送ってしまいそう!

1回の送信で、文字数ギリギリにいかに送るかが肝心ですね!

まとめ

この記事では、アンドロイドのSMSにつく「チェックマーク」の意味についてお伝えしました。

設ポイント
  • SMSのチェックマークは「送信済み」の合図
  • 相手がメッセージを既読したかどうかはわからない
  • アプリによっても表示が異なる

電話番号さえわかれば送信できるSMS、とても便利ですよね。その代わり、「LINEのように既読がわからない」「別料金がかかる」などのデメリットもあります。

相手がメッセージを読んだかどうかわからない不安はあるかもしれませんが、時には「既読」を気にしない時間も良いものではないでしょうか。せっかく使えるSMS機能、よければこれからも使ってみて下さいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

新検見川店のバナー
logo
produced by Xモバイル
エックスモバイル株式会社
Copyright ©︎ 2022 X-repair All Rights Reserved