X-repair(エックスリペア)スマートフォン・タブレット・Switchの修理 | 全国対応
COLUMN
スマホのトラブルあれこれ

iPhoneのひび割れ修理はどこが正解?メリット・デメリットを解説‼

こんにちは!スマートフォン修理店、エックスリペアの大橋です!
修理のプロフェッショナルである、エックスリペアが、修理で培った知識とノウハウを総動員して「 iPhoneのお役立ち情報」をお送りいたします!

記事監修店舗

スマートフォンの修理ならエックスリペアなら御所店へ。丁寧かつスピーディーに対応いたします。画面割れ・水没復旧修理・バッテリー交換など電子機器のトラブルはお任せください。その他にもスマホの切り替えなどご相談も受け付けています。お気軽にご相談ください。

大橋

iPhoneを使っているときに、iPhoneをうっかり落としてしまってパリン。画面が割れてしまうとショックですよね。私もポケットに入れようと思ったらそのまま落としてしまって画面が割れたときはショックでした。

みなさんはiPhoneの画面がひび割れてしまったときの正しい対処法をご存知ですか?間違った対処をしてしまうと取り返しのつかない失敗につながったりします。私もそういうお客様を何度も見てきました。

この記事では、iPhoneの画面がひび割れをして修理をするときに、どう対処すべきかを説明しています。また、Appleストア、キャリアショップ、総務省登録事業者での修理のメリット・デメリットから画面が割れを防ぐ方法まで説明しています。

スマートフォン修理のことならX-repairへ

X-repairは、全国各地に店舗を展開するスマートフォン修理の専門店です。持込修理はもちろん、お客様の利便性を第一に考え、「ご自宅で申込みしてご自宅で受取」できる便利な郵送修理をご用意しました。
X-repairでは、画面交換、水没復旧、バッテリー交換、カメラ交換など、幅広い故障に対応。どんな故障も、99.8%の感動修理をお約束いたします!
経験豊富なスタッフが、お客様を温かくお迎えいたします。故障かな?と思ったら、当店までお気軽にお問い合わせくださいませ。

目次

iPhoneの画面がひび割れしたらどうすべきか?

みなさんはiPhoneの画面が割れてしまったことはありますか?長年iPhoneを愛用している方では一度は経験しているのではないでしょうか?

iPhoneの画面が割れてしまった時の対処法としては

  • 自分で修理する
  • Appleストアか正規代理店で修理する
  • キャリアショップで修理する
  • 総務省登録店で修理する

があります。

対処法はいくつかあるけど、どれを選んだらいいの?

花南

スバリ、オススメはこれ‼

結論から申し上げますと、「総務省登録店で修理する」がオススメです。

【総務省登録事業者】

国の厳しい審査を合格して登録された修理業者。
この登録制度は2015年4月より開始され、登録店かどうかは総務省のホームページで探すこともできます。

参考:総務省/登録修理業者の情報について

どうして総務省登録店で修理することがオススメなの?

「値段を安くおさえたい‼」「忙しくて修理に何日も待っていられない‼」という方は多いのではないでしょうか?

総務省登録店で修理することがオススメな理由は、国の厳しい審査をパスしているので、技術的には安心・安全。しかも、値段が安くて、修理の時間も短いからです。

私たちエックスリペアも総務省登録店なので、お気軽にお問い合わせください。

エックスリペア

では、それぞれの修理のメリット・デメリットをみていきたいと思います。

それぞれの対処法のメリット・デメリット

「オススメの対処法は分かったけど、自分でじっくり考えたい」という方も多いかと思います。それぞれの対処法のメリット・デメリットを

  1. 自分で修理する
  2. Appleストアか正規代理店で修理する
  3. キャリアショップで修理する
  4. 総務省登録店で修理する

の順で説明していきたいと思います。

1.自分で修理する

オンラインショップではiPhoneを修理するキットが販売されていたり、YouTubeなどでもiPhoneを修理する動画をアップロードしている方もいたりするので、「自分で修理すれば費用を安く抑えることができる」と思う方もいらっしゃいます。

確かに、自分で修理すれば費用を安く抑えることは出来ますが、自分で修理することはオススメできません。その理由としては、

  • そもそも自分で修理するのは違反
  • Appleの保証対象外となる
  • 取り返しのつかない失敗につながる

の3つがあるからです。

そもそも自分で修理するのは違反

iPhoneは通信機器なので、「電波法」によって規制されています。本来ならば無線の免許を持っていないと使用できないのですが、一般の方が使えるように「基準認証」というものを受けています。

この「基準認証」はAppleなどの携帯事業者や総務省認定業者がおこなっています。自分でiPhoneを修理してしまうとこの「基準認証」から外れてしまうため、違法となってしまいます。

Appleの保証対象外となる

「自分でiPhoneを修理してみようと一度開けてみたけど、難しそうだからやっぱり断念‼」なんてことになりそうではありませんか?しかし、iPhoneを開けてしまうとAppleの保証対象外となってしまうので、要注意です。

公式ホームページでもAppleCare+の対象外の項目に以下のように明記されています。

「Apple または正式な権限を有する Apple 担当者以外の手によって開封、修理、改造、改変された対象機器の損傷(原因を問わず)」

引用:Legal – AppleCare+ – Apple

取り返しのつかない失敗につながる

iPhoneを自分で修理しようとチャレンジして上手く修理できないと、ボタンが反応しなくなるなど修理前より調子が悪くなったり、無理にこじ開けようとしてiPhoneを壊してしまったりすることもあります。

iPhoneを開けてしまった時点で、Appleの保証対象外になってしまうので、直すこともできない状態になってしまいます。「はじめからプロに頼んでおけばよかった」なんてことにならないためにも、自分で修理することはやはりオススメできません。

2.Appleストアや正規代理店

では、プロにiPhoneの修理を頼む場合、一番に思いつくのが“Appleストアか正規代理店に頼む”ですよね。特に、AppleCare+に加入していて保証期間内であれば、Appleストアに修理を依頼するのもいいと思います。

Appleストアのメリット

  • Appleストアなので安心感がある
  • 修理する部品も正規品なので安心感がある
  • AppleCare+に加入していると安く修理できる(購入後2年間)

Appleストアのデメリット

  • 修理するときにデータを初期化されてしまう
  • 保証サービス期間外だと高い
  • いつも混んでいて修理するのに時間がかかる

iPhoneの画面が割れてAppleストアで修理したという動画を発見しましたので、よかったら参考にしてみてください。ちなみに、この動画の方のように近くにAppleストアが何件かある場合はよいですが、そうでない方は郵送になるので数日間、iPhoneがない生活になるので覚悟が必要ですね。

https://youtu.be/NlnpFXbmS3c

3.キャリアショップ(docomo・au・SOFTBANK)

iPhoneの画面が割れて修理したいけど、近所にAppleストアがないという方で、3大回線と契約している方はキャリアショップに依頼するという方法もあります。

メリット

  • Appleストアや正規代理店と同等の品質で修理してもらえる
  • 独自の保証サービスに加入しているとAppleCare+と同等の料金で修理してもらえる
  • 預かり修理となった場合、代替機を貸してもらえる

デメリット

  • iPhoneの修理ができるキャリアショップは限られている
  • 保証サービスに加入していないと料金が高い
  • 修理してもらう時にデータを初期化される

4.総務省登録事業者

AppleCare+やキャリアショップの保証サービスに加入していない場合ですと、Appleストアやキャリアショップでの修理費用は結構高くなってしまいます。「修理費用を抑えたい‼」という方は、総務省登録事業者に修理を依頼することをオススメします。

総務省登録事業者ですと、費用を安く抑えることができ、修理時間も短時間です。ただし、Appleの保証対象外となってしまいますが、保証対象期間外であれば問題ありません。

メリット

  • Appleストアやキャリアショップより、修理費用を安く抑えることができる
  • 即日で修理できる
  • データの初期化がない

デメリット

  • Appleの保証対象外となってしまう
  • パーツが純正ではない可能性がある
  • 業者により技術に差がある

総務省登録事業者で修理を依頼するなら最寄りのエックスリペア店へご相談ください。エックスリペアでは修理技術に自信のあるスタッフが最短30分程度から承っております。迅速・丁寧にご対応させて頂きますので、ご安心して頂けるかと思います。

エックスリペア

iPhoneの画面がひび割れしないためには?

画面が割れてしまい、「もう2度と画面割れをしないように予防したい‼」と思う方も多いのではないでしょうか。画面割れを予防するためには

  • アクセサリの“スマホリング”を付ける
  • スマホケースを“手帳型”にする
  • 画面を“ガラスコーティング”する

があります。

アクセサリの“スマホリング”を付ける

みなさんのiPhoneには“スマホリング”は付いていますか?スマホリングは落下防止だけでなく、使いやすさもアップするのでオススメですよ。また、簡易的なスマホスタンドにもなるので、私はとても重宝しています。

手帳型ケース

スマホリングはiPhoneの“落下防止”ですが、万が一落としてしまったときのことを考えると、画面を保護してくれる“手帳型ケース”にすることをオススメします。手帳型ケースは画面を守るだけでなく、カードも収納できたり、レシートを収納できたりと、機能的なのでケースの中では一番人気です。

ガラスコーティング

好みのケースがなくて、ケースなしでiPhoneを持ち歩きたいという方は“ガラスコーティング”をするという選択もありますね。

ガラスコーティングはエックスリペアにお任せください!

ガラスコーティングのことなら、エックスリペアにお任せください!もちろんコーティングだけでなく、スマホを落として液晶が割れてしまった・ヒビが入ってしまったなど、スマートフォンの画面の故障でお困りの時は、お近くのエックスリペアまでお気軽にお問い合わせくださいませ!私たちはスマートフォン修理のプロフェッショナルです。iPhone・Androidスマートフォンの様々な修理に対応しております。新しい機種の修理だけでなく旧モデルの修理も対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

コーティング対応店

注意‼画面割れを放置すると起こるトラブル

画面が割れてしまったけど、「修理代を節約したい‼」「修理する暇がない‼」という方も多いかと思います。よく街中でもiPhoneの画面が割れたまま使用している人を見かけますね。

しかし、画面が割れたままにしていると思わぬトラブルが起きてしまうかも知れません。そのトラブルとは

  1. ガラスの破片でケガをする
  2. タッチ不良が起きてしまう
  3. 本体の故障にもつがる

の3つがあります。

ガラスの破片でケガをする

ひび割れした画面を操作して、ガラスが指に刺さってケガをするかも知れません。しかし、もっと怖いのが、ガラスの破片が寝ている間に目に入ってしまうこと。目に入ってしまうと、自然に身体の外に出ることは望めませんので、病院でとってもらわないといけません。

タッチ不良

iPhoneの画面がひび割れてしまうと、中の液晶まで壊れていることが多いです。そうなりますと“タッチ不良”が起きて、反応しにくくなったり、アプリが勝手に起動したりしてしまいます。最悪、パスコードの入力ミスが連続してiPhoneにロックがかかってしまうこともあります。

本体の故障にもつながる

急に雨が降ってきてポケットに入れてあったiPhoneも濡れてしまう事ってありませんか?iPhoneの画面にひび割れがありますと、そのひびからiPhone本体の内部に水が入って本体が故障してしまうことがあります。

まとめ

【iPhoneの画面がひび割れしたらどうすべきか?】
結論から申し上げますと、「総務省登録事業者で修理する」がオススメです。総務省登録店で修理することがオススメな理由は、国の厳しい審査をパスしているので、技術的には安心・安全。しかも、値段が安くて、修理の時間も短いからです。

【iPhoneの画面がひび割れしないためには?】
画面割れを防止する3つの方法

  • アクセサリの“スマホリング”を付ける
  • スマホケースを“手帳型”にする
  • 画面を“ガラスコーティング”する

iPhoneのトラブルでお困りの方は、エックスリペアにお気軽にご相談ください。

この記事を読んで、参考になったところはありましたか?みなさんのお役に立てたのなら、私も嬉しく思います。

logo
produced by Xモバイル
エックスモバイル株式会社
Copyright ©︎ 2022 X-repair All Rights Reserved