X-repair(エックスリペア)スマートフォン・タブレット・Switchの修理 | 全国対応
COLUMN
スマホのトラブルあれこれ

iPhoneの写真は削除しても消えていない?完全に削除する方法

こんにちは!本日も「 iPhoneのお役立ち情報」をお送りいたします!エックスリペアスタッフの大橋です!

自撮りで失敗して人に見られたくないような写真や、デバイスの空き容量がなくて削除したケースありますよね。

削除しただけでは、完全に消えていないこと知っていますか?

でも安心してください!!iPhoneのデバイスから完全に削除することが出来るのです。

何故削除されていないのか?

ios8以降に以降に追加された機能で、写真を削除すると『最近削除した項目』というフォルダーに移動されます。

アルバム項目の一番下に、
フォルダーがあります。

パソコンで例えるとゴミ箱のような感じです。

削除した写真は、最近削除した項目に自動的に移動されるのです。

移動された写真は30日を過ぎると、自動で完全に削除される仕組みになっています。(たまに40日位かかる場合もあるみたいです)

写真の削除方法

1.写真を選択

ここでは、アルバムの最近の項目から、削除する画像を選んでいきます。

iPhone備え付けの写真アプリを開いてください。

写真一覧から、削除したい写真を選びます


今回はかき氷の写真を削除します。

2.選択した写真を削除

それでは、下記の手順で削除していきましょう。

右下のゴミ箱のマークをタップする。

写真を削除をタップする。

写真一覧に戻ると、削除されているのが確認できる。

これで削除完了です。

最近削除した項目からの削除方法

ここからは、写真を完全に削除する方法をお伝えしていきます。

1.最近削除した項目に移動

写真を削除した後は、アルバム項目に移動します。

画面を下にスワイプします。

一番下の、最近削除した項目をタップします。

最近削除した写真の一覧がでてきます。

2.削除方法

下記の手順で、一覧から写真を削除していきます。

右上の選択をタップします。

左下の全て削除をタップします。

写真を削除をタップします。

この作業で、完全にデバイスから写真が削除されました。

ここで削除したものは、デバイスから復元が出来ないので気を付けてください。

削除しなければいけないけど、残しておきたいのであれば、iTunesやiCloudにバックアップしてから作業しましょう。

逆に見られたくないものや、家族とパソコンを共有している方は……。

iTunesと同期したり、iCloudと連携していると、自動で写真が保存されますので、写真の削除を忘れないようにしましょう。

複数の写真を削除する方法

ここからは削除の応用編です。

1.複数の写真選択

最近削除した項目に移動。

右上の選択をタップ

削除したい写真をタップします。

今回は食べ物を選択します

2.削除方法

左下の削除をタップします。

写真を削除をタップします。

食べ物が全て削除されました。

このように選んだものだけ、削除することができます。

それ以外を復元することもできるので、使い分けるのもいいですね。

まとめ

写真は普通に削除しても、『最近削除した項目』に移動して30日間はデータが残ってしまう。

完全に削除するには、『最近削除した項目』も削除しないといけない。

写真も個人情報につながるので、しっかりとした手順で完全に削除しましょう。

logo
produced by Xモバイル
エックスモバイル株式会社
Copyright ©︎ 2022 X-repair All Rights Reserved