X-repair(エックスリペア)スマートフォン・タブレット・Switchの修理 | 全国対応
COLUMN
スマホのトラブルあれこれ

携帯アンドロイド人気シリーズは?おすすめランキング紹介|購入前の参考に

本日も「androidのお役立ち情報」をお送りいたします!エックスリペアスタッフの大橋です!

アンドロイドにアイフォン、スマホにガラホにガラケーと、今や「携帯電話」にはいろんな種類が混在していますよね。

市場は戦国時代ですっ!!どれを買えばいいのかわかりません(涙)

アンドロイド機種は特に種類が豊富だよね! おすすめ機種を見てみようか。

この記事では、アンドロイド携帯のおすすめ人気ブランドシリーズ1位~5位を紹介、ガラホや選び方のコツについてもお伝えして参ります。迷った時の参考になりましたら嬉しいです!

携帯「アンドロイド」のおすすめ機種は?|人気ブランド

まずは人気のブランドシリーズ順に、おすすめのモデルのベスト5を紹介します。先にランキングの傾向をまとめると、「大手ブランドの廉価(れんか)モデル」「ミドルクラスの製品」に人気が集中していることがわかりますね。

【人気ブランドシリーズ順 1~5位】

  • 1位:シャープ「AQUOS Senseシリーズ」
  • 2位:グーグル「Google Pixcel aシリーズ」
  • 3位:オッポ「Renoシリーズ」
  • 4位:ソニー「Xperia 10シリーズ」
  • 5位:グーグル「Google Pixcelシリーズ」

実際の例として、2023年春時点の最新モデル機種も一緒に紹介しますね!

※ランキング順・価格情報は2023年3月21日時点の「価格com」を参考にしています。

廉価モデルとは 高スペック追求よりも、低価格に抑えることを優先された製品モデルのこと。

人気シリーズ①シャープ「AQUOS」senseシリーズ

Android機種の端末で日本トップの人気を飾るのは、電化製品でもお馴染みSHARP「AQUOS(アクオス)」の「sense(センス)」でした!

スペックの特徴ごとに様々なモデルのあるAQUOSですが、Senseはコスパ重視のミドルクラス。最上位モデルに比べ機能面ではやや劣るものの、手に取りやすい価格帯で展開されています。

参考価格帯 AQUOS sense7
●SIMフリー端末価格:45,000~67,204円 ※記事作成時の「価格コム」掲載情報です

▼最新モデルは「sense7」。2022年秋に発売されました。
AQUOS sense7の特長|SHARP公式

AQUOSの他ラインナップは?

  • 高性能モデル「R」
  • 高性能+軽量モデル「zero」
  • 低コストモデル「wish」
  • 格安・SIMフリー向けモデル「One」

など、多種類に渡って展開があります。

人気シリーズ②グーグル「Pixcel」aシリーズ

国内人気2番手に挙がったのは、AndroidのOS自体を手掛けるGoogleが開発したスマホ「Pixcel(ピクセル)」の廉価モデル「a」シリーズ。

他ラインナップにハイエンドクラスの「Pro」、次いで無印のPixcelがありますが、それらよりも機能・性能を抑えてコストパフォーマンス(コスパ)が重視されているモデルです。

参考価格帯 Pixcel6a
●SIMフリー端末価格:38,799~53,900円 ※記事作成時の「価格コム」掲載情報です

▼最新モデルは「6a」。2022年夏に発売されました。
Google Pixcel6a|Googleストア

Pixcelの他ラインナップは?

  • 高性能モデル「Pro」
  • 無印のノーマルモデル(何もつけずに「Pixcel」というとコレです)

がそれぞれ展開されています。

人気シリーズ③オッポ「Reno」シリーズ

OPPOは中華発のブランド。シリーズ「Reno(リノ)」はOPPO製品の中ではミドルクラスに位置しています。

OPPOの製品全体の特徴はコストパフォーマンスが良いこと。スマホ市場の中では価格に手の届きやすいブランドで、ミドルクラスの製品でも他ブランドよりも懐に優しいのが人気の秘訣でしょうか。

参考価格帯 Reno7A
●SIMフリー端末価格:25,800~44,800円 ※記事作成時の「価格コム」掲載情報です

▼最新モデルは「Reno7 A」。2022年初夏に発売されました。
OPPO Reno7 A|OPPO公式

OPPOの他ラインナップは?

  • 高性能モデル「Find X」
  • エントリーモデル「A」

があります。

人気シリーズ④ソニー「Xperia10」シリーズ

SONYはオーディオ機器・電化製品・ゲーム業界でも有名ですね。そんな名門メーカーから生み出されたスマホ「Xperia(エクスペリア)」で人気が高いのが、ミドルクラスのモデル「10」シリーズです。

「価格は抑えめにしつつ、ネームバリューや性能もあまり妥協したくない」という方におすすめ!

参考価格帯 Xperia 10 IV
●SIMフリー端末価格:60,500円 ※記事作成時の「価格コム」掲載情報です

▼最新モデルは「10 IV」。2022年夏に発売されています。
Xperia 10 IV|Xperia公式サイト

Xperiaの他ラインナップは?

  • 高性能モデルの「1」「5」
  • エントリーモデルの「Ace」

がそれぞれシリーズ展開されています。

人気シリーズ⑤グーグル「Pixcel」シリーズ

人気2位でも紹介したGoogle製品、こちらはノーマルシリーズの無印「Pixcel」です。ラインナップの中ではミドルクラスの位置付けですね。

価格帯は約7~10万円と、けして安くはありません。しかし、「Androidの生みの親」でもあるGoogleの開発したスマホとあって、信頼性・OSの相性も期待されての人気と思われます。

参考価格帯 Pixcel 7
●SIMフリー端末価格:75,799~97,972円 ※記事作成時の「価格コム」掲載情報です

▼最新モデルは「7」。2022年秋に発売されています。
Google Pixcel7|Googleストア

Pixcelの他ラインナップは?

  • 高性能モデル「Pro」
  • 価格を抑えた「a」

がそれぞれ展開されています。

▼合わせて読みたい|機種変更をお考えの際は、ぜひご一読下さい!

ケータイのような「ガラホ」も選択肢!【注意点も】

現在スマホが主流とはいえ、「携帯電話」の選択肢はスマホだけではありません。操作感はケータイ(ガラケー)寄りで性能面はスマホに近い【ガラホ】も選択肢です。

スマホからガラホに乗り換える人もいる

二つ折りのケータイからスマホに買い替えたものの、「操作がしづらい」「バッテリーがすぐに無くなる」など、「ケータイの方が良かったな」と感じる方もいらっしゃいます。昔ながらのボタンプッシュ式にも根強い人気がありますね。

でも、機能面ではスマホの方が便利そう……。

スマホとガラケー、双方の良いとこ取りをしたのが「ガラホ」です!

スマホからガラホに乗り換えし直す人もいるんです。

ガラホの注意点

スマホと同じOS「Android」を搭載していても、性能はスマホと全く同じではありません

  • 使えるアプリが制限されている……そもそもインストールできないアプリがある
  • 多くの機種では「タッチ操作」ができない……直感的な操作が求められるシーンで対応しにくい

といったデメリットがあります。使いたいアプリが使用できるか事前にチェックしてから購入しましょう。

機種を選ぶ基準はどうすればいい?

Android機種は、iPhoneのような「Apple一択」とは異なり、たくさんの機種が毎シーズン販売されますよね。選ぶ時の基準は何が良いのでしょうか?

大きく分けて、

  • 機能
  • 価格帯
  • 話題性
  • アクセサリーの充実度

4つのポイントから選ぶのがコツです。

ポイント①機能

「カメラが優れている」
「バッテリーが長持ち」
「防水」

など、それぞれの機種ごとにウリともいえる機能・性能があります。

あなたの日常生活で、実際にどのくらい使用しそうでしょうか? 使用しない機能がたくさんついているとオーバースペックかもしれません。予算と欲しい機能のバランスが取れていると満足感に繋がるでしょう。

私は、最新の機能を自分で試してみたいです~!

ポイント②価格帯

スマホは普段の買い物の中でも、けっこう値段が張りますよね。実際に購入するとなると気になってしまうのが価格帯です。

各メーカーで「高性能モデル」「廉価モデル」とシリーズ展開を複数作ってくれていることが多いので、気になるメーカーがあれば製品ラインナップを見比べてみて下さい。

さらに価格を抑えたいなら、「1代前のモデルを買う」のも検討の余地ありです。最新モデルが発表されるとそれまでの機種は旧モデルとなり、たいてい価格が割安になる傾向があるからです。

記事前半で紹介したランキングでは、コスパ良いミドルクラス・廉価モデルが人気でしたね!

ポイント③話題性

最新機能や高品質素材など、技術進化の最先端ともいえるスマホ。新しいものには話題性もつきものですよね。いち早く手に入れて周囲の話題についていきたいなら、最新の高機能モデルはピッタリのアイテムとなるでしょう。

もしあなたが「話題性は別にどうでもいい」「話題性よりも大事にしたいものがある」と考えているなら、廉価モデルや旧モデル機種も選択肢です!

ポイント④アクセサリーの充実度

意外と見落としがちなのが、アクセサリーの充実具合です。発売間もないモデルや、人気が少ないモデルなどは「適応するアクセサリーが充実していない」可能性もあるのです。

汎用しにくいアクセサリーの例
  • スマホカバー/スマホケース
  • ガラスフィルム など

特にスマホケースのようなアクセサリーは、機種ごとに形やカメラ穴の位置が異なりますよね。「このスマホケース可愛い!」と一目ぼれしたグッズが、もし自分の持っている機種には使えなかったら?

使いたいアクセサリーが使えるかどうかも、検討材料の1つにしてみましょう。

スマホを買い替えてしまってから後悔したくないですからね!

まとめ

この記事では、アンドロイド携帯の人気シリーズ紹介をメインにお伝えしました。

2023年3月現在の人気トップ5 1位:シャープ「AQUOS Senseシリーズ」
2位:グーグル「Google Pixcel aシリーズ」
3位:オッポ「Renoシリーズ」
4位:ソニー「Xperia 10シリーズ」
5位:グーグル「Google Pixcelシリーズ」

人気が高いのは大手メーカーの廉価モデル・ミドルクラス製品です。もしAndroidのOSを使いたいのであれば、ガラホも選択肢に入れると良いでしょう。

選ぶ際は、「機能」「価格帯」「話題性」「アクセサリーの充実度」といった点も基準にしてみて下さいね。あなたの満足できる機種に巡り合えますように!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

新検見川店のバナー
logo
produced by Xモバイル
エックスモバイル株式会社
Copyright ©︎ 2022 X-repair All Rights Reserved