X-repair(エックスリペア)スマートフォン・タブレット・Switchの修理 | 全国対応

COLUMN

スマホのトラブルあれこれ

【iPhone】カメラが割れた!?割れる原因とすぐにできる応急処置を徹底解説!!

こんにちは!本日も「iPhone(android)のお役立ち情報」をお送りいたします!エックスリペアスタッフの大橋です!

みなさんはiPhoneカメラ割れた経験はありますか?カメラはiPhoneの背面に位置しているので普段あまりじっくりと見ませんよね。だからこそ割れているのに気づいたら驚くことでしょう。

確かに普段見ているのはカメラとは反対のカメラアプリの画面の方…。カメラはあまり見ませんよね。

iPhoneの画面が割れていることには気づきやすいですがカメラが割れていても気づきにくいもの。しかし割れたことに気づかず放置してしまうとiPhoneの故障につながってしまうこともあるのです。

ひび割れに早めに気づいていたらレンズの交換だけでよかったのにiPhoneの本体まで故障してしまったら…。修理代も高くなるし最悪の場合iPhone内のデータを失ってしまうかもしれません。

割れたのはカメラなのに本体の故障につながるんですか!?それは困ります!

今回の記事ではカメラが割れる原因とすぐにできる応急処置について詳しく解説していきたいと思います。

iPhoneのカメラが割れた原因は?

iPhoneのカメラはどのような場面で割れやすいのでしょうか。ここでは次の3つの可能性を解説していきます。

  • iPhoneの落下の衝撃による割れ
  • 小さな傷の重なりによる割れ
  • 強い圧力による割れ

思いあたる原因はあるでしょうか。順番にみていきましょう。

iPhoneの落下の衝撃による割れ

iPhoneを落としてしまった時にどこを確認しますか?ほとんどの人はまずiPhoneの画面が割れていないか確認するでしょう。

それからきちんと画面が映るか軽く操作確認を行う方もいるかもしれません。その時にカメラを確認する方はどれくらいいるでしょうか。

iPhoneのカメラは本体から少し飛び出した形で取り付けられています。そのため落下の衝撃に弱い部分なのです。

iPhoneカバーを取り付けていればカバーによって守られる可能性は高くなりますが、それでもカメラが割れてしまうリスクはなくなりません。

落としてしまった時にはしっかりとiPhoneの全体を確認することが大切ですね。

小さな傷の重なりによる割れ

iPhoneをかばんやポケットに入れることって多いですよね。かばんやポケットに入れるとどうしても他のものとiPhoneがぶつかる場面が出てくるでしょう。

そのぶつかりによってiPhoneには小さな傷がつきます。その中でカメラのレンズにも傷がつくでしょう。

1つ1つの傷は大した事ありません。けれど傷が積み重なることにより、少しずつカメラのレンズの耐久値は減っていきます。

傷が増えれば増えるほど、小さな衝撃でカメラが割れる確率があがってしまうのです。

iPhoneの修理店でレンズの交換も行ってくれるので、傷が増えたなと感じたら相談してみると良いかもしれません。

強い圧力による割れ

ズボンのポケットにiPhoneを入れたまま椅子に座ることはありませんか?iPhoneをポケットに入れてその上から座ってしまうと、iPhoneに強い圧力がかかります。

iPhoneのカメラは丈夫ではありません。上から体重をかければ割れる可能性も十分にあるでしょう。

カメラの割れを放置したらどうなるの?

iPhoneのカメラが割れていることに気づかず放置してしまったらどうなるのでしょうか。

カメラにゴミが映りこむ

カメラ部分に傷が入っているので、カメラ画面に傷がゴミのように映りこみます。QRコードの読み取りや番号の読み取りなどカメラを使用する機能もうまく使えなくなるかもしれません。

QRコードは生活の中でもよく使うので困りますね…。

リアカメラの故障につながる

カメラの割れた破片が内側に入り込むと、内蔵されているカメラ自体が故障する可能性があります。そうなるとカメラに黒い斑点が映ったりぼやけてしまったりするかもしれません。

カメラやビデオのピントが合いにくい

カメラが割れてしまうとカメラに入ってくる光の調節がしづらくなるので、カメラや動画のピントが合わせづらくなります。

▼iPhoneのアップグレードに伴い、カメラもどんどん進化しているのを知っていますか?カメラの便利な使い方や機能についてこちらで詳しく解説しているので興味のある方はぜひ読んでみてください。

iPhone本体の故障

カメラが割れると割れたすきまからiPhone内部にほこりや水が入り込む可能性が高くなります。

iPhoneは防水性に優れた機器ですが、割れたすきまがあると一気に弱くなるのです。精密機器ですので中に異物が入ってしまえば故障する確率も高くなるでしょう。

すぐにできる応急処置を紹介!

iPhoneのカメラが割れてしまったときに一番恐れるべきなのは、割れたすきまからほこりや水分が入り込むことです。

なので早めに割れた隙間をふさぐ必要があります。身近にあるものを使ってふさぐことができるので紹介していきますね。

セロハンテープ

セロハンテープで割れたカメラを覆いましょう。テープの長さは長めに切ることをおすすめします。

テープが短いと修理してもらう時テープをはがすことが難しく、さらに割れを広げてしまう可能性があるからです。

セロハンテープでいいんですか!?それなら家にあるのですぐに用意できます!

ラップ

料理に使うラップもおすすめです。ピンと張った状態にしてぴったりカメラを覆いましょう。そうすればほこりが入りづらくなります。

保護フィルム

カメラ用の保護フィルムが販売されているのをご存じですか?画面の保護フィルムを活用されている方は多いですが、カメラ用のフィルムは使われていない方もいることでしょう。

保護フィルムはセロハンテープやラップなどのようにカメラが割れたあとの応急処置として活用できるのはもちろん、事前に貼っておくことでカメラの保護もできます。

おすすめの保護フィルムはこちらです!

おすすめ商品

商品名カメラカバー
価格1000円(税込)※記事作成時の「楽天市場」価格です
特徴超高硬度のガラスを使用しておりカメラを徹底的に防御。高透過率でカメラを起動しても違和感ありません。2枚入りでお得!
口コミ・何度か落としてヤバいと思っても割れることはなかったのですが気が付いたら割れてました。カバーがなかったらレンズが割れていたかもしれないと思うとカバーを付けていて良かったです。

・全面保護レンズフィルムはしっかりした作りで、貼りやすく粘着力もあり安心しました!
参考:楽天市場レビュー

硬度の強いガラスでしっかり守ってくれるのにカメラには影響のない安心設計!2枚組なのも嬉しいポイントですね。

これらの方法はすぐに修理に行けない時の応急処置ですので、時間ができたら早めに修理店で見てもらいましょう。エックスリペアでも修理を承っていますのでお気軽にご相談ください。

まとめ

これまでにiPhoneのカメラが割れた原因や放置した場合のリスク、応急処置の方法について解説してきました。

  • iPhoneの落下による衝撃
  • 小さな傷の重なり
  • 強い圧力がかかる

これらが原因でiPhoneのカメラが割れてしまう可能性があります。割れていることに気づかなければさらに状態が悪化してしまう危険もあるので日頃から確認することをおすすめします。

せっかく写真を撮ろうとしたのにカメラが割れていてうまく撮れなかったら悲しいですよね。

普段の使い方の見直しや落としてしまった時の確認などしっかりと行うことでiPhoneを長く丁寧に使っていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!