X-repair(エックスリペア)スマートフォン・タブレット・Switchの修理 | 全国対応
COLUMN
スマホのトラブルあれこれ

iPhoneXの充電が遅い原因は?|スムーズに充電できるコツもご紹介!

こんにちは!本日も「iPhone(android)のお役立ち情報」をお送りいたします!
スマートフォン修理店エックスリペアの大橋です!
今回は、iPhoneXの充電についてお話ししていきます。

記事監修店舗

熊本県八代市にある修理店舗です。スマートフォンの画面割れ・水没復旧修理・バッテリー交換など様々なトラブルに対応しております。タブレットやSwitchなどの機器修理も承っております。トラブルやお困りごとがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

iPhone8シリーズよりワイヤレス充電もできるようになり、充電器の種類も多彩にみるようになりました。

iPhoneXをお使いの方は、発売されて約5年半になるため、そろそろ不具合が出ている方もいるのではないでしょうか。なかでも充電が遅いと感じる、という声をよく聞きます。
そこで今回は、iPhoneXの充電が遅い原因とその対処法、スムーズに充電できるコツを含めてご紹介します。本記事を見ることで、充電がなかなかできなくて出かける前に不安に思うことがなくなりますよ。それでは原因からみていきましょう。

大橋

iPhoneXは2017年11月3日に発売されました!

スマートフォン修理のことならX-repairへ

X-repairは、全国各地に店舗を展開するスマートフォン修理の専門店です。持込修理はもちろん、お客様の利便性を第一に考え、「ご自宅で申込みしてご自宅で受取」できる便利な郵送修理をご用意しました。
X-repairでは、画面交換、水没復旧、バッテリー交換、カメラ交換など、幅広い故障に対応。どんな故障も、99.8%の感動修理をお約束いたします!
経験豊富なスタッフが、お客様を温かくお迎えいたします。故障かな?と思ったら、当店までお気軽にお問い合わせくださいませ。

目次

iPhoneXの充電が遅い主な原因はこの4つ

iPhoneXの充電が遅い原因は、本体の故障やバッテリー劣化だけではなく、充電器本体や充電方法が原因になる場合もあります。そのため原因を理解し、充電器本体・充電方法の確認が重要です。

原因①|充電器本体に原因がある場合

充電するケーブルがAppleの純正のケーブルでない場合や、ワイヤレス充電器を使用していると充電が遅くなる原因につながります。

①-1|充電するUSBケーブルがAppleの純正ではない

Appleの純正のUSBケーブルやMFi認証のUSBケーブルを使用していない場合、充電が遅いことがあります。Appleの純正の充電器やMFi認証でない充電器だと、USBケーブルを流れる電流が少ないものがあるためです。

昨今充電器はさまざまな種類があり、携帯ショップに行くとたくさんのUSBケーブルが置いてありますよね。

USBケーブルも、ピンクや黒などたくさんの種類があって選ぶのが楽しいです。値段もお手頃価格でありますよね。

花南

種類がさまざまで、どの充電器を選べば良いか分からない方も多いのではないでしょうか。USBケーブルも消耗品なので、価格が安いのはとても魅力的です。

しかし、価格のみで選んでしまうと、充電が遅い原因につながるので、Appleの純正のUSBケーブルや、MFi認証マークのUSBケーブルがある事を覚えておくとよいでしょう。

MFi認証とは:Made For iPhone/iPad/iPodの略称でAppleによる基準を満たしている製品にあるマークです。このマークを目標にUSBケーブルを選ぶこともポイントです。

①-2|ワイヤレス充電器を使用している

ワイヤレス充電器では、USBケーブルにつないで充電するよりも充電速度は遅くなります。充電をする際にUSBケーブルへつなぐ手間が省けて便利ですが、電気出力がUSBケーブルにつないで充電するよりも弱いため、充電速度に影響があります。

大橋

僕もワイヤレス充電器を使ってます!確かにケーブルにつながないので便利ですが、充電速度は遅いと感じます。

▼こちらの記事では、ワイヤレス充電器のメリット•デメリットが記載されていますので、参考までにご覧ください。

①-3|USBケーブルが破損している

USBケーブルが破損していたケースも充電が遅い原因と考えられます。USBケーブルの接続部分の根本が使用しているうちに劣化して中の配線が見えていたことはありませんか?配線が切れており充電が遅い、充電ができないケースがあります。

USBケーブルはつなぐ・はずすと頻回に触る必要があるため、使用しているとどうしても損傷につながります。また、差し込み口のチップに汚れがたまっていると充電できないこともあるので注意しましょう。

原因②|充電方法に原因がある場合

充電方法が充電速度に影響しているかもしれません。パソコンから充電していたり、アプリを使用したまま充電していると充電が遅くなる原因につながります。

②-1|パソコンから充電している

USBケーブルをパソコンにさして充電すると、充電速度が遅くなります。パソコンからの電気出力より、USBケーブルを電源アダプターへつなぎ、コンセントから充電する方が電気の出力が多いため速く充電できます。

電源アダプター=ACアダプター:ACアダプターとUSBケーブルをつなぎ、コンセントに差し込んむことで電気製品(デバイス)への電力供給や、バッテリーの充電ができます。

参照:Wikipedia

▼ACアダプターの購入や種類については、Apple公式サイトをご覧ください。

参考:Apple(日本)

②-2|アプリを使用したまま充電している

アプリを使用したまま充電すると充電が遅くなります。なぜなら、アプリを使用したままの充電では、アプリへの電力消耗が激しいからです

ついついゲームをしていると、アプリを使ったまま充電をしてしまいます。

花南

アプリを起動し充電していると、iPhoneが熱くなったという経験はどなたでもあるのではないでしょうか?バッテリー劣化の原因にもなるので、充電は夜の寝ている間やiPhoneを使用しない時にすると決めてしまうのもひとつの手です。

原因③|充電環境に原因がある場合

気温の変化が充電速度に影響する場合もあります。iPhoneのバッテリーはリチウム電池を使用しているため、暑すぎる・寒すぎる環境には向いていません

大橋

長く充電をしているとiPhoneが熱くなっていたという経験はありませんか?

暑い夏の日にちょっと車にiPhoneを忘れてしまったときも触れないくらい熱を持ってしまいました。

花南

熱を持つと、バッテリーの劣化にもつながってきます。バッテリーを長持ちさせるためにも、充電環境には注意が必要です。

原因④|本体やバッテリーに原因がある場合

iPhoneXは2017年に発売されており、5年半ほど経過しているため、本体の故障や、バッテリーの劣化で充電が遅い可能性が考えられます。

バッテリーはリチウム電池なので長期的に使用は可能ですが、どうしても経年劣化でバッテリーが消耗するので、充電速度が遅くなります。

iPhoneXの充電が遅い場合|主な4つの対処法

iPhoneXの充電が遅い原因がわかったので、ここからは、対処法をお伝えします。対処法を理解することで、改善できる場合も多いです。

対処法①充電器本体を確認する

充電器本体の問題で充電が遅い時は、充電器本体をチェックすることで充電速度が速くなる場合があります。

①-1|充電するUSBケーブルを確認する

充電するUSBケーブルをAppleの純正にするか、MFi認証マークがついているものに変更することで充電速度が速くなる可能性があります。

USBケーブルでは電気出力が多くなるため、充電速度に影響します。iPhoneXでは高速充電ができるため、Appleの純正のUSBケーブルを使用すると、30分程度で50%の充電が可能です。

参照:Appleサポート(日本)

自身が使用しているUSBケーブルがアップルの純正かMFi認証マークのついたものでなければ、買い替えを検討しても良いかもしれません。

自身が使用しているUSBケーブルがどこのものか分からない方も多いですよね。使用しているUSBケーブルが、Appleの純正か、MFi認証のものか確認の仕方が公式サイトに記載されていますので、よければご覧ください。

参考:Appleサポート(日本)

②-2|ワイヤレス充電を使用しない

ワイヤレス充電器を使用せず、USBケーブルを使用し充電することで充電速度が速くなります
▼こちらのツイートでもあるように、ワイヤレス充電器は、充電するタイミングで使い分けるのも良いかもしれません。

②-3|USBケーブルの破損はないか確認する

USBケーブルの接続部分の根本が破損して配線が出ている場合は買い替えることで充電がスムーズにできます。

また差し込み部分やiPhone本体の差し込み口に汚れがたまっていると充電がうまくできない可能性があります。掃除をすることで改善したという声も聞きますので、掃除をすることもひとつの選択肢として考慮してみてください。

▼こちらの記事では、掃除の仕方も記載してありますので、参考にご覧ください。

対処法②|充電方法を確認する

パソコンから充電している方やアプリを使用しながら充電している場合は、充電方法を見直すことで、充電速度が速くなる可能性があります。

②-1|電源アダプターを使用してコンセントで充電する

電源アダプターとUSBケーブルをつなぎ、コンセントで充電することで、充電速度が速くなる場合があります。今までパソコンで主に充電していた方は、ぜひ試してみてください。コンセントで充電すると、電気出力がパソコンで充電するよりも多いため、充電速度が速くなるでしょう。

②-2|アプリを終了して充電をする

不要なアプリは終了し充電することで、アプリに電力消費されず充電速度が速くなります。iPhoneを使用しない時間に充電をすると良いですね。またキャッシュを削除しておくことで電池の消耗を防ぐことができますよ。

▼キャッシュの削除の仕方はこちらを参考にしてください。

対処法③|iPhoneの充電環境を確認する

暑い車内などで充電している場合は充電速度が遅くなる可能性があるので、適切な温度環境で充電をしてみてください。Appleサポートでは、温度が0℃〜35°Cの場所で使用するように記載されています。

iOS デバイスや iPadOS デバイスは周囲の温度が 0° ~ 35℃ の場所でお使いください。低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。極端な高温下で iOS/iPadOS デバイスを使うと、バッテリーの持ちが悪くなることがあります。

デバイスは -20º ~ 45℃ の場所に保管してください。駐車中の車内は室温が上がり、適正範囲を超える場合があるため、デバイスを車内に放置しないでください。

引用:Appleサポート(日本)

また、カバーを付けたままだと熱がこもってしまうので、カバーを外して充電をすることも熱を分散するのに効果的です。

対処法④|本体やバッテリーを確認する

iPhoneの本体やバッテリーを確認することで、充電が遅い原因を取り除くことができる場合があります。

④-1|iPhoneを再起動する

USBケーブルや充電環境を変えても改善できない場合は、再起動をしてみましょう。充電が遅い場合も有効な対処法です。機種によって再起動の方法は異なるので、自分が持っているiPhoneに対応した再起動方法を実践してください。

▼iPhone再起動の方法はこちらを参考にしてください。

【iPhone X、11、12、13 以降を再起動する方法】
【iPhone SE (第 1 世代)、5 以前、6、7、8、SE (第 2 または第 3 世代) を再起動する方法】
音量調節ボタンとサイドボタンを長押し、電源オフスライダが表示されたらスワイプします。サイドボタンを長押しをして電源ONにします。
トップボタンかサイドボタンを電源オフスライダが表示されるまで長押し、表示されたらスワイプします。トップボタンかサイドボタンを長押しをして電源ONにします。

④-2|iPhoneのバッテリーを交換する

iPhoneXは発売されて5年半ほど経過するため、バッテリーの劣化による充電速度の低下が考えられます。バッテリーを交換することで、速く充電ができますよ。

▼弊社でもバッテリー交換を承っておりますので、お気軽にご相談くださいね。

充電スピードを上げる3つのコツ

ここまではiPhoneXの充電が遅い原因と対処法をご紹介しました。次は、充電スピードを上げることができるコツをお伝えします。可能であれば速く充電できると嬉しいですよね。寝る前に充電を忘れた時など、知っておくと役に立ちます。

①低電力モードで充電をする

低電力モードにすると、消費電力が少なくなるので、充電速度にも関わってきます。ただ、低電力モードでは一部のアプリが使用できないこともあるので、アプリを利用したい場合は注意が必要です。

▼低電力モードにする方法はこちらを参考にしてください。設定を開き、下記手順に沿ってください。

②機内モードで充電をする

機内モードに変更すると、低電力モードと同じように充電速度も速くできます。しかし、機内モードにしておくと、メールやラインなどの受信が不可能ですので、緊急時や予定がある際は注意が必要です。

機内モードとは

電波の送信をしない設定です。通話やメールの機能が、機内モードでは使用できません。電波を発しないカメラ機能、ミュージックプレイヤーなどの利用は可能です。

参照:Wikipedia

▼機内モードにする方法はこちらを参考にしてください。iPhoneの設定を開いたら下記手順に沿ってください。

③電源を切った状態で充電をする

電源を切るとアプリもソフトウエアも停止している状態なので、充電速度も上がりますが、こちらも機内モードと同様、メールやラインなどもできなくなります。長時間使用しないとわかってる場合は、この方法を行ってみるのも良いですね。

バッテリーの消耗を抑えるには

バッテリーの消耗を抑えて、iPhoneを長く使用できると嬉しいですよね。ここからは、iPhoneのバッテリー劣化を防ぐ方法を2つお伝えします。

①残量が0%になる前に充電する

残量がなくなってから充電すると急速充電モードが持続されます。急速充電モードは速く充電できますが、多くの電流を流すためバッテリーの劣化につながります。

充電しなきゃ!と思いながらも、電池がなくなるまで使ってしまうんですよね。

花南

少し意識をするだけでバッテリー劣化を防ぐことができるため、残量が0%になる前に充電をするようにしましょう。

②Wi-Fi接続にしましょう

自宅などWi-Fiを使用できる環境の時はWi-Fiを利用することをおすすめします。Wi-Fi接続の方が、携帯のネットワークよりも電力消費が少ないからです。

▼バッテリーが長持ちするポイントを紹介している動画を探しました。実際にiPhoneを使用しながら説明をしているため分かりやすいので、ぜひご覧ください。

iPhoneバッテリー充電の最適化

iOS13以降では、バッテリー充電の最適化という機能が導入されています。iPhone自体が学習をしバッテリーの寿命を延ばしてくれるという優れた機能です。ご自身のiPhoneが最適化されているか確認をしてみてくださいね。

iOS 13 以降には、「バッテリー充電の最適化」機能があり、iPhone がフル充電されたままの時間を極力短くして、バッテリーの劣化を軽減し、寿命を延ばしてくれます。

引用:Appleサポート(日本)

▼バッテリー充電の最適化を確認する方法はこちらを参考にしてください。設定を開き、下記手順に沿ってください。

まとめ

今回は、iPhoneXの充電が遅いときの原因や対処法についてお伝えしました。

主な原因はコレ
Appleの純正のUSBケーブルを使用していない
MFi認証マークのUSBケーブルを使用していない
ワイヤレス充電器を使用している

本記事を参考にして、使用している充電器を確認してみてください。充電器を変更することで充電速度を速くできますよ。

本記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

故障かな?と思ったら、エックスリペアにお任せください!

ケーブルを変えたのに充電速度が改善されない、さっき充電したところなのにもう充電がなくなりそうといった充電に関わるトラブルはもちろん、スマホを落として液晶が割れてしまった・水没させてしまったなど、スマートフォンの故障でお困りの時は、お近くのエックスリペアまでお気軽にお問い合わせくださいませ!私たちはスマートフォン修理のプロフェッショナルです。iPhone・Androidスマートフォンの様々な修理に対応しております。新しい機種の修理だけでなく旧モデルの修理も対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

logo
produced by Xモバイル
エックスモバイル株式会社
Copyright ©︎ 2022 X-repair All Rights Reserved