X-repair(エックスリペア)スマートフォン・タブレット・Switchの修理 | 全国対応

COLUMN

スマホのトラブルあれこれ

iPhoneを買取に出すときは初期化だけでは不十分?!必要な事前準備を徹底解説

こんにちは!本日も「iPhone(Android)のお役立ち情報」をお送りいたします!エックスリペアスタッフの大橋です!

新しくiPhoneを購入したい!そんな時には古いiPhoneを売って少しでも安く新しいiPhoneを手に入れたいですよね。

iPhone買取に出すときには、事前にiPhoneの初期化や準備する必要があるのをご存じでしたか?

事前準備をしないと買取金額が下がったり、買い取れない可能性も・・・・・・。

この記事では、初期化の手順の方法や売る前に確認するべきことをお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

iPhoneを買取に出すときは、初期化の前に準備が必要!

iPhoneを買取に出すとき、初期化だけをすればいいと思っていませんか?初期化をする前に以下のことを準備する必要があります。

1.ネットワーク利用制限を確認

2.SIMロックを解除する

3.Apple製品とのペアリングを解除する

4.バックアップをとる

初期化をする前に確認しておきましょう!

ネットワーク利用制限を確認

ネットワーク利用制限とは契約している通信事業者が利用を制限している状態のことをいいます。

代金が未払いだったり、窃盗や盗難などによって不正に入手したものであるとネットワーク利用制限がかけられ、買取はしてもらえません。

  確認方法はiPhoneの設定アプリから「一般」→「情報」の中にIMEI番号があります。

この番号を元に、契約している通信事業者のサイトから確認できます。

判定は◯、△、ー、✖️で表示され、✖️以外であれば利用できますので、買取に出すことができます。

SIMロックを解除する

SIMロックは解除しなくても売ることが可能ですが、買取評定額が下がる可能性があるため、できる限り解除しておきましょう。

●SIMロックの確認方法

  設定アプリから「一般」→「情報」でSIMロックの欄を確認。
『SIMロックあり』か『SIMロックなし』と表示される。

●SIMロックの解除方法

オンラインまたは店舗で行うことができます。店舗では手数料がかかってしまうので、可能であればオンラインで行うことをおすすめします

オンラインでのSIMロック解除方法は通信事業者によって異なりますので、詳しくは公式サイトよりご確認ください。

Apple製品とのペアリングを解除する

iPhoneとつながっているApple製品はあらかじめペアリングを解除しておく方が新しいiPhoneと接続するときにスムーズに行うことができます

●Apple Watchの場合

suicaを登録している場合は先にApple Watchから削除してください。削除しても新しいiPhoneから再登録できますのでご安心ください。

Apple Watchのペアリングを解除する方法は​​​​​​​

1.iPhoneからApple Watch Appを開く

2.すべてのWatchをタップする

3.ペアリングを解除したいApple Watchの『i』をタップする

4.「Apple Watchとのペアリングを解除する」をタップする

●AirPodsなどのBluetooh機器を登録している場合

1.設定アプリからBluetoothを開く

2.対象のデバイスの『i』をタップする

3.「このデバイスの登録を解除」をタップする

バックアップをとる

iPhoneから新しいiPhoneに変える場合は、新旧両方の機器があればクイックスタートができるので、バックアップ自体は使用しなくてもデータ移行はできます。

データ移行がうまくいかなかった時に泣きを見ないためにも、念の為にバックアップは取っておくことをおすすめします。

バックアップをとる方法は2つあります。iCloudからバックアップを作成する方法と、パソコン上に保存する方法です。

iCloudでバックアップを作成する

設定アプリ→「ユーザー」→「iCloud」→「iCloudバックアップ」をタップ。

パソコンでバックアップを作成する

MACであれはFinder、WindowsであればiTunesからバックアップをとることができます。

iPhoneの初期化の手順はこちら

次に初期化の手順を説明します。初期化だけすればいいんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかと思いますが、それだけだとiPhoneのデータは完全に消えていないんです。

初期化の手順はこの3つです。

1.「iPhoneを探す」をオフにす

2.iCloudからサインアウトする

3.初期化をする

この手順を行わないと個人情報が漏えいする可能性も。一緒に手順を確認しましょう。

「IPhoneを探す」をオフにする

iPhoneを売りに出す場合、この操作を行わないと次の持ち主が使えない可能性がありますので、確認しておきましょう。

「iPhoneを探す」をオフにする方法は

「設定」→「ユーザー名」→「探す」→「iPhoneを探す」をオフにできます。その際にはApple IDのパスワードを入力してください。

iCloudからサインアウトする

iCloudからサインアウトしないと個人情報が筒抜けになってしまうため必ず行ってください!

サインアウトする方法は

 設定アプリ→「ユーザー」→スクロールし最後の「サインアウト」をタップ→Apple IDパスワードを入力し「オフにする」をタップ。

これでiCloudからサインアウトできました。

注意 もしスクリーンタイムを使用している場合は制限がかかっており、iCloudからサインアウトできない可能性があります。その場合は先にスクリーンタイムをオフにする必要があります。

初期化をする

​​これでiPhoneでの操作は最後です。この動作を行ってしまうともちろんデータは消去されてしまいますので、データ移行や各アプリのアカウント移行などを行ってから初期化をしてくださいね。

初期化の手順は

1.設定アプリ→「一般」→「転送またはiPhoneをリセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」を順にタップする。

2.パスコードを入力する。

3.「iPhoneを消去」を2回タップする。

これで初期化がスタートし、再起動後に「こんにちは」と出れば初期化成功です。

高額買取のために行うことは

買取に出すなら、少しでも高く買い取ってほしいですよね。そのために売りに出す時のコツをご紹介します。

iPhone購入時の付属品をそろえよう

iPhoneは、購入時の付属品の有無で買取金額が減額になる可能性があります。

iPhoneの付属品としてついているもの

  外箱・説明書・SIMピン・イヤホン・充電器
※iPhone12以降のiPhoneの場合、イヤホンやACアダプタは無くなっています。

そのため上記の付属品をお持ちの場合は忘れずに一緒に買取に出しましょう。

iPhoneの状態を確認しよう

iPhoneの状態によっては減額や買取不可の可能性もあります。

・液晶画面の状態(ひび、液晶の割れ、欠け、液晶の黄ばみや色むら)

・液晶面の浮き

・iPhoneの機能状態(スピーカー、バイプ機能、カメラ

上記に状態にあてはまる場合、買取してもらえないことがあります。

もし壊れていたら

壊れている部分があると減額、最悪買取不可のため、必要であれば修理する必要があります。しかし修理費でマイナスになる可能性もありますので注意が必要です。

修理については詳しくはこちらをご確認ください

iphone修理の持ち込み方法は?すぐ修理できる?その疑問解決

また、液晶やスピーカー部分の汚れがありましたら買取前にきれいにしておくことがおすすめです。

SIMカードを抜く

忘れがちですが、SIMカードはしっかり抜いておきましょう。SIMカードは側面の穴にSIMピンで押せば出てきます。

新しいiPhoneでもSIMカードを使用できるかは購入予定の機種やキャリアによって違いますので確認が必要です。

まとめ

ここまでiPhoneを買取に出す前の事前準備や初期化の方法について説明しました。

iPhoneを買取に出す時には以下のことを確認しましょう。

  • ネットワーク利用制限を確認

  • SIMロックを解除

  • Apple製品とのペアリングを解除する

  • バックアップをとる

  • 「Phoneを探す」をオフにする

  • iCloudからサインアウトす

  • 初期化をす

  • 付属品をそろえ、故障がないか確認する

いろいろと手順が多く面倒に思われるかもしれませんが、やるのとやらないのでは買取額に差が出る可能性があります。上記のことを参考にしっかりと事前準備をし買取に出して、コスパ良く新しいiPhoneを手に入れてください!

最後までご覧いただきありがとうございました。

新検見川店のバナー