X-repair(エックスリペア)スマートフォン・タブレット・Switchの修理 | 全国対応
COLUMN
スマホのトラブルあれこれ

iPhoneの便利機能スクショのしかた|知ってると役立つ3つの方法

こんにちは!本日も「iPhoneのお役立ち情報」をお送りいたします!エックスリペアスタッフの大橋です!

iPhoneには様々な便利機能がありますが、特に便利な機能の1つがスクリーンショット、略してスクショです。スクショができればWEBなど情報を写真に残しておけます。

今回はiPhoneのスクショのしかたをご紹介します。いろんなやり方を知っておけばいざという時にいつでもスクショを撮ることができます。

やりやすいスクショのしかたを知って、いつでも大事な情報を写真に残せるようにしておきましょう。

iPhoneのスクショのしかた

スクショとは表示されている画面を写真として保存できる便利機能です。一般的に知られているスクショのしかたは1つですが、実はそれ以外にもスクショを撮る方法があります。

iPhoneのスクショのしかたは以下の3つです。

  • サイドボタンを使った方法
  • AssistiveTouchを使った方法
  • 背面タップを使った方法

サイドボタンを使った方法

一般的に知られているスクショのしかたがサイドボタンを使った方法です。この方法は特に設定は必要なく最初から簡単にできます。

サイドボタンを使ったスクショはiPhoneのホームボタンの有無でやり方が異なります。

ホームボタンがある場合

ホームボタンがあるiPhoneでスクショを撮る場合、「ホームボタン」と側面にある「サイドボタン」を同時に押すとスクショが撮れます。

ホームボタンがない場合

ホームボタンがないiPhoneでスクショを撮る場合、側面にある「音量を上げるボタン」と「サイドボタン」を同時に押すとスクショが撮れます。

AssistiveTouchを使った方法

AssistiveTouchを使うとホームボタンやサイドボタンは使わず、画面をタップして操作するとスクショが撮れます。

設定が必要ですが一度設定しておけば片手で簡単にスクショが撮れます。

操作方法

AssistiveTouchの設定方法は以下の手順です。

(1)iPhoneの設定から「アクセシビリティ」を開きます

(2)アクセシビリティの中から「タッチ」を選びます

(3)1番上にある「AssistiveTouch」を開きます

(4)AssistiveTouchを有効にします

(5)AssistiveTouchを有効にすると画面に画像のようなマークが出てきます。スクショを撮りたい画面でそのマークを押します

(6)選択肢の中の「デバイス」を選びます

(7)デバイスの中の「その他」を選びます

(8)画像のように「スクリーンショット」と出るので、それを押せばスクショが撮れます

背面タップを使った方法

iOS14からiPhoneに搭載された便利機能「背面タップ」を使ってスクショを撮ることができます。背面タップとはiPhoneの背面をトントンとタップするだけで起動できる便利機能です。

操作方法

背面タップの設定方法は以下の手順です。

(1)iPhoneの設定から「アクセシビリティ」を開きます

(2)アクセシビリティの中から「タッチ」を選びます

(3)1番下にある「背面タップ」を開きます

(4)「ダブルタップ」と「トリプルタップ」とあるので設定したい方を選びます。今回は「ダブルタップ」に設定します

(5)設定できる機能が表示されるので「スクリーンショット」を選びます。

(6)スクショを撮りたい画面で背面タップをすればスクショが撮れます

注意点として、背面タップは設定すると何かにぶつかったりした時に誤作動でスクショを撮ってしまうことがあります。iPhoneを置く時などに作動しないように注意しましょう。

iPhoneのスクショでできること

iPhoneのスクショは便利で大きく分けて以下の2つのことができます。

  • 表示されている画面を写真として保存する
  • 表示されているWEBページをPDFとして保存する

下の動画はスクショしたページをPDFとして保存する方法が紹介されています。動画でやり方を見たいという人はこちらから確認してみてください。

iPhoneでスクショできない時

iPhoneでスクショができない時の理由は以下の3つです。

  • iPhoneの容量がいっぱい
  • スクショできないサイトやアプリ
  • iPhoneの不具合

iPhoneの容量がいっぱい

スクショはカメラで写真を撮るのと同じなので、iPhoneの容量がいっぱいだとスクショが撮れません。この場合はいらないデータを消すか、iCloudなどにデータを移行してiPhone本体の容量を減らしてください。

スクショできないサイトやアプリ

サイトやアプリに中にはスクショができないように、コピーガードされているものがあります。コピーガードされているサイトやアプリをスクショすると真っ暗な写真になってしまいます。

特に著作権に厳しい動画アプリなどで多いですが、このようなサイトやアプリは何をしてもスクショできないので諦めましょう。

iPhoneの不具合

上記2つの原因ではない場合、考えられるのはiPhoneの不具合です。iOSが古かったり、単純に不具合が発生したりしているとうまくスクショが撮れないことがあります。

対処法は以下の2つです。

  • iOSを最新にアップデートする
  • iPhoneを再起動する

iPhoneにおける多くの不具合は再起動で解決することがあります。まずはiPhoneを再起動させてみてください。

まとめ

iPhoneのスクショのしかたはわかりましたか?iPhoneのスクショのやり方は以下の3つの方法です。

iPhoneのスクショのしかた
  • サイドボタンを使った方法
  • AssistiveTouchを使った方法
  • 背面タップを使った方法

スクショは便利でいつでも情報を保存できます。いろんなやり方を知っておけば1つの方法でできなくても対応できるので、あらかじめ覚えておきましょう。

スクショを使いこなして今より生活を豊かにしてください。

新検見川店のバナー
logo
produced by Xモバイル
エックスモバイル株式会社
Copyright ©︎ 2022 X-repair All Rights Reserved