X-repair(エックスリペア)スマートフォン・タブレット・Switchの修理 | 全国対応
COLUMN
スマホのトラブルあれこれ

iPhone13にカメラカバーは本当に必要なの?おすすめ商品も紹介します!

こんにちは!本日も「iPhoneのお役立ち情報」をお送りいたします!エックスリペアスタッフの大橋です!

iPhoneで今最新の形であるiPhone13、利用している方もたくさんおられると思います。

ではそのiPhone、カメラカバーはつけていますか?

スマホを買い替えた時、「スマホカバーと保護フィルムはまず買いそろえないと!」とは思っていてもカメラカバーまではなかなか思いつきませんよね。

そもそも、カメラカバーは必要なのでしょうか?

今回はカメラカバーの必要性から、おすすめできるカメラカバーまでしっかりお伝え致します。

カメラカバーは装着した方が安心

結論からいうと、カメラカバーはiPhoneの構造上装着していた方が安心できます。

iPhone13のカメラの形は大きく分けて二種類あります。

iPhone13(iPhone13miniも形は同じ)

引用:Apple store

iPhone13pro(iPhone13proMaxも形は同じ)

カメラのレンズが2つのものと、3つのものです。

大橋

いわゆる、タピオカメラといわれるものですね。

このレンズの部分は、どちらも厚みがあります。

iPhone13のカメラレンズ部分はiPhone12と比べて少しだけ厚みが増しています。

厚みがあると、液晶画面を上にしておくと最初にカメラレンズが下につき、不安定なので傷がつきやすいことがわかります。

さらに、カメラレンズ自体がとても繊細な部分なので扱い方によっては、撮影ができなくなってしまうことも考えられます。

スマホケースの選び方でカメラレンズを守るという選択肢もありますが、心配な方はカメラカバーも一緒に購入されるのが無難でしょう。

ちなみにカメラレンズが傷ついた場合、エックスリペアで修理可能です。

iPhoneなら、世代によりますが2500円~受け付けております。

お近くの店舗か、郵送も承っているのでぜひご利用ください。

そもそも、カメラカバーとは?

カメラカバーは、その名の通り、iPhoneのカメラレンズ部分を保護するフィルムです。

液晶画面のカバーと同じようにレンズ面がガラス製になっていて強度にこだわったカバーもあれば、キャラクター付きのかわいらしいシール製のカバーなど多種にわたります。

先程ご紹介したように、iPhone13のカメラの形は二種類あるので、購入の際は自分のiPhoneがどのタイプなのかしっかりチェックしてから購入するようにしましょう。

大橋

ネットで探すと、大体の商品はレンズ2つ用と3つ用どちらも販売されていますよ。

おすすめのカメラカバー

カメラカバーは、店舗でももちろんたくさん販売されていますが、ネット通販ではさらに多種多様なカメラカバーが販売されているのでおすすめです。

今回はその中でもおすすめしたいカメラカバーをご紹介いたします。

強度重視なカメラカバー

カメラのレンズ一体を丸ごとガラスケースで保護するものです。

値段は他の商品と比べると若干高いようにも感じますが、強化ガラスでカバーでき、デザインもシンプルなので、どんなiPhoneカバーでも合いそうです。

さらに、こちらの商品は、貼り付ける前に必要な除菌クリーナーや、ほこり取りのシールも付属でついているので、これひとつで簡単にカバーを取り付けることが可能です。

口コミでも、隙間なくフィットするので、間にほこりなどが入らない仕様になっていて良いという声がありました。

おしゃれなカメラカバー

こちらの商品はミッフィー柄のカメラカバーです。

見た目からしてとにかくかわいい!!

実際に購入した方の声もありました。

見た目だけではなく、レンズの保護もしっかりしてくれるので、かわいいものが好きな方におすすめです。

ただ、口コミによるとカメラカバーともともと持っていたスマホケースのサイズが合わなかったという人もいるので、サイズをよく確認することをおすすめします。

ミッフィーだけでなく、ディズニーキャラクターなどもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

カメラカバーの取り付け方

一般的なカメラカバーの取り付け方をご紹介します。

  1. カメラ部分のほこりや指紋をクリーナーでふき取る
  2. カバーのシールをとり、ゆっくりとカメラに乗せるように取り付ける
  3. ヘラや手で、気泡を外に逃がすように押さえてなじませる

取り付け方はシンプルで簡単です。

大橋

カメラカバー本体が小さく、厚みがあるので液晶画面の保護シールよりは貼りやすい印象です。

ですが、一度剥がして貼り直しをするとどうしても綺麗に貼れない場合があるので、できるだけ一回でゆっくりと丁寧に貼るようにしましょう

先程紹介したGAURUN(ガウラン)のカメラカバーの取り付け方動画をご紹介しますので、参考にしてみてください。

カメラカバー無しでも大丈夫?

ここまで、iPhone13のカメラカバーの必要性をお伝えしてきました。

しかし、「今更買って付けるのも面倒」「見た目の雰囲気が変わってしまわないか心配!」という声もあると思います。

そこで、カメラカバーを付けない場合の工夫を三つご紹介します。

カメラカバーを付けない場合

  1. スマホカバーを選ぶ際に厚みのあるものを選ぶ
  2. スマホ本体を優しく扱う
  3. レンズ部分を極力触らない

スマホカバーを選ぶ際に厚みのあるものを選ぶ

カメラレンズを守る為には、スマホカバーの厚みを利用して当たらないようにする手段があります。

おすすめのスマホカバーを2つご紹介します。

こちらの商品は見た目がシンプルで男女問わず使えそうなカバーですね。

良い点は、カバーの淵に厚みがあり、それがクッションとなってカメラを守ってくれるところです。

しかし、iFaceは全体的に厚みがあり、ゴツゴツとした印象があります。

iPhoneをもっとスマートに持ちたいという方には不向きかもしれません。

こちらは、カバーの周りだけではなくカメラレンズの周りにも厚みがあり、より安心できます。

さらに液晶部分のカバーも付いているので一石二鳥ですね。

デメリットとしては、レンズ部分がくぼんでいるので、どうしてもほこりなどの汚れがたまりがちになります。

気になる人は、こまめに掃除すると良いでしょう。

スマホ本体を優しく扱う

これは当たり前のことですが、iPhoneは精密機器です。

年々iPhoneの強度は上がってきていますが、大切なものを傷つけないためには、乱暴に扱わないようにしましょう。

乱暴に扱っていなくても、つい落としてしまったりすることもあるので、机の端など落ちやすい場所、踏まれやすい場所には置かないように常に気を付けることも大切です。

レンズ部分を極力触らない

私もつい触ってしまうことがあるのですが、レンズは繊細な部分なので、指紋や傷がつかないように極力触らないようにしましょう。

小さな傷でもカメラ撮影で映り込んでしまうことが考えられるので、掃除をする際は、ティッシュや柔らかい布を使うことをおすすめします。

まとめ

iPhone13は特にカメラのレンズ部分が比較的広い為、カメラカバーを取り付けた方が良いのか迷うと思います。

心配な人や余裕がある人は、スマホカバーと一緒にカメラカバーを購入することをおすすめします。

最後にカメラカバーを購入して取り付けるまでに注意して欲しいポイントをまとめました。

カメラカバーを利用する際のポイント

  • 自分のiPhone13のレンズが2つか3つのどちらかチェックしてから購入する
  • スマホケースとカメラカバーのサイズが合っているかチェックする
  • カメラカバーを取り付ける前にしっかりレンズを綺麗にする

この記事を読んで、みなさんののスマホカスタマイズの参考になれば幸いです。

logo
produced by Xモバイル
エックスモバイル株式会社
Copyright ©︎ 2022 X-repair All Rights Reserved